「平成28年熊本地震」の支援と影響に関するお知らせ

CATEGORY: お知らせ

2016年4月19日

 

お客様ならびにお取引先各位

ルーシッド株式会社
代表取締役 木之本 玲子

 

このたびの平成28年熊本地震により、お亡くなりになられた方々に心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。

平成28年4月14日以降、熊本県熊本地方を震源とする地震により、皆様にご心配をおかけしております。たくさんの方々よりご心配・お気遣いのご連絡を頂きましたこと、心より感謝を申し上げます。

 

震災当日、私は南阿蘇工場での打ち合わせのため、4月14日(木)午後より熊本入りしました。

 

4月14日(木)21時26分に発生した最初の地震では南阿蘇工場への被害も少なかったため、翌日の15日(金)は地震被害の大きかった益城町および立野地区へ「南ASOの天然水」および「南ASOの水素水」の救援物資支援に全力で取り組んでおりました。

 

しかしながら、4月16日(土)1時25分に発生した2回目の熊本県阿蘇地方を震源とした大きな地震以降、南阿蘇工場では操業を停止せざるを得ない状況となりました。幸い、工場従業員全員無事が確認でき、建屋の倒壊もありませんでした。

 

4月19日(火)現在、南阿蘇村では自衛隊の災害派遣車をはじめ、全国の消防車両、救急車両、警察車両、電力会社が集結し、南阿蘇村の復興に向けて全力を尽くして頂いています。本日午後に南阿蘇工場の電気も一部復旧し、井戸、配管、製造設備につきましても徐々に確認を進めております。引き続き、一日でも早い工場復旧に向けて、安全面を最優先し、被害状況の把握を行ったうえで再開に向けての準備を進めて参ります。

 

このたびの震災により、熊本県の多くの方々が困難に直面しております。微力ではございますが、私共も「南ASOの水素水」企業として、地元の皆様とともにこの災害を乗り越えていきたいと思っております。

 

現在、1日でも早い工場復旧に向けて、被害状況の把握を行ったうえで、再開に向けての準備を進めているところです。工場の安全面を最優先し、準備が整い次第、操業を開始いたします。

 

お客様ならびにお取引先各位には多大なるご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜ります様よろしくお願い申し上げます。

 

 

今回の地震による当社への現時点(4月19日)での影響等につきまして、下記のとおりお知らせいたします。



  1. 南阿蘇工場の状況
    4月16日(土)から操業を停止しております。

    一部建物への被害、および機械・商品の散乱等が発生しましたが、建屋の倒壊はありません。現在、安全を確認しながら、建屋内・製造ラインの設備等の状況を順次確認しております。工場の操業開始時期につきましては、安全確認および設備への影響を確認したうえで決定してまいります。
  2. 南阿蘇工場従業員の状況
    従業員全員の無事を確認しており、人的被害はございません。
  3. 商品の出荷について
    地元の救援物資不足により、南ASOの水素水330mlアルミパウチを下記の避難所に供出しました。

    このため、商品が品薄の状態となっておりますので、数量を調整しながら出荷してまいります。

    【供出場所】
    • 長陽中央公民館
    • 立野小学校避難所
    • 益城町災害対策本部
    • 益城町災害対策本部指揮官
    • 益城町災害対策本部教育委員長
    • 南阿蘇村役場
    • 南阿蘇村消防団
    • 工場近隣住宅
    • ロハス南阿蘇(ウィナス温泉施設横)

    【供出量】
    • 「南ASOの水素水 H+WATER 330ml」30,000本